母乳の出る仕組み
~どうしたら母乳はたくさん出るのか~

母乳が出る仕組みをみてみましょう。
母乳がどのように作られてどのように出るのかを知る事は、授乳期間中の生活スタイルを考える上でとても重要な手がかりになります。それがブドウの茎にあたる乳管を通っておっぱいを吸う刺激によって赤ちゃんのもとに届きます。

乳腺(乳腺葉)・・・母乳を作り出す組織
乳管・・・母乳を運ぶ管
プロラクチンの分泌=母乳を生成する働き
この母乳を作るという指令を出すのがプロラクチンというホルモンです。

また、赤ちゃんがおっぱいを吸うとその刺激によってオキシトシンというホルモンが分泌されます。オキシトシンはプロラクチンによって作られた母乳をおっぱいから出す働きをします。オキシトシンは痛みや不安で分泌が妨げられるので、リラックスして授乳する事が大切です。そして、赤ちゃんのおっぱいへの刺激は同時に母乳を生成するプロラクチンの分泌も促します。

赤ちゃんがおっぱいを吸う(刺激) ⇒ オキシトシンの分泌=おっぱいから出す働き + プロラクチンの分泌=母乳を生成する指令

つまり、赤ちゃんがおっぱいを吸う刺激によって母乳は作られ分泌されます。何度も赤ちゃんにおっぱいを含ませる事で、最初はにじむ程度の母乳がだんだん赤ちゃんが欲しがる量に合わせて出るようになります。母乳が出るようになるための基本は、赤ちゃんの飲みたいサインに合わせた授乳をするだけです。リラックスして赤ちゃんと触れ合う事ができれば、母乳は出やすくなるのです。