まずここで赤ちゃんにおっぱいを飲ませるタイミングについて考えてみましょう。
授乳の時間を決めていたり赤ちゃんが泣いたらおっぱいを与えようとするとなかなかうまくいかないことがあります。赤ちゃんはお腹がすき始めるとおっぱいを吸うように口を動かしたり、吸うときのような音を立てたり手を口に持っていったりします。このような赤ちゃんがほしがる早めのサインを見つけて泣く前に授乳することがうまくいくコツなのです。

では赤ちゃんにおっぱいを飲ませてみましょう。
・どこか痛いところはありませんか?
・力が入っているところはありませんか?

あなたが快適に感じているならこれがあなたと赤ちゃんの授乳のスタイルです。
どこかに力が入っていたり痛みがあるときには抱き方や吸いつかせ方を見直してみましょう。