ゆったりと座り、赤ちゃんの頭をつかんだり押さえたりしないで腕で体を支え、頭が少し後ろに傾くように抱っこします。赤ちゃんのお腹とお母さんのお腹は向かいあっていますか?
赤ちゃんを乳首の近くに引き寄せます。乳首の先と赤ちゃんの鼻の頭が同じ高さになるようにしましょう。
赤ちゃんが飲みやすいようにおっぱいを支えたり、吸いやすいように手伝ってあげましょう。
この時、指が邪魔にならないようにしましょう。おっぱいで赤ちゃんの口をなでながら赤ちゃんが自分で口をあけるのをゆっくり待ちましょう。大きく口をあけるのを待ち腕全体を使って素早く赤ちゃんをおっぱいに引き寄せます。
下あごはおっぱいについていて鼻はふつうは触れません。

ここで赤ちゃんが母乳を飲むときの口の中の動きを見てみましょう。
赤ちゃんは乳首の先端だけをくわえるのではなく乳輪を含む乳首全体を含んで舌で母乳を押し出して飲みます。
したがって乳首のくわえさせ方が浅いと赤ちゃんの舌の動きが十分に伝わらず母乳の出る量も少なくなります。

赤ちゃんがうまく吸い付いている場合の特徴です。
・口が大きく開いています。
・赤ちゃんの唇が外向きに広がります。
・あごがおっぱいに触れています。
・赤ちゃんの口の上側の乳輪が下側に比べて多く見えています。
・赤ちゃんの下唇が上唇に比べてより多くの乳輪をくわえています。
この飲み方では下あごを使ってより多くの母乳を飲みとることができます。

反対に吸い付き方がうまくいっていない場合の特徴です。
・赤ちゃんが口をすぼめています。
・吸いつき方がうまくいっていないと赤ちゃんがうまく母乳を充分飲めません。
・乳首に痛みを感じることがあります。

ではもう一度、赤ちゃんが上手におっぱいを含んで母乳を飲んでいる様子を見てみましょう。
授乳中は赤ちゃんがほしがる限り母乳を与えてかまいません。お母さんから授乳を終わらせるときは指で赤ちゃんの口に滑り込ませることで赤ちゃんの口を乳首から離すことができます。