◎母乳で育てたいのですが足りているかどうか心配です…
母乳で頑張りたいと思っているお母様は、根気強く母乳を飲ませ続けていくことが一番大切です。張っていないからといって、授乳回数を減らしてしまうと、だんだん出なくなります。ミルクをあげる前には、必ず母乳を飲ませるようにしましょう。また、お母様の食事も大切です。好き嫌いをせず、1日3食、バランス良く何でも食べるようにしましょう。
お母様の中には、おっぱいの張りをだんだん感じなくなる方もいらっしゃいます。母乳の分泌が本当に悪くなっている場合もありますが、実は分泌されている循環型かもしれません。これは、赤ちゃんが飲んでいる時だけ分泌され、張っている感覚がなくても、母乳が良く出ている状態のことです。
母乳を飲んだ後によく眠ってくれて、体重が順調に増え、便・尿がしっかり出ていれば、たとえ張りを感じていなくても母乳は十分足りているということです。

 

◎赤ちゃんが母乳を飲んでいる時、乳頭が痛いのですが…
乳頭痛、乳頭亀裂など、乳頭のトラブルの多くは、含ませ方に問題があります。乳輪が全部赤ちゃんの口に入っていますか。乳輪ごと含ませるつもりで深く加えさせましょう。
乳頭の先端に、白いニキビ様のものが出来る場合がありますが、つぶしたりしないで、そのまま授乳を続けても構いません。乳頭から膿のようなものや、血液が出なければ問題ありませんが、気になる場合はナースや助産師にご相談ください。